ジェネリック医薬品という選択肢

tablets medicine

バルトレックスは病院で処方してもらえますが、常備しておくには様々な問題があります。
まず第一に、ヘルペスの症状が出ているときのバルトレックスは保険が適用されますが、再発時のためにバルトレックスをもらう場合は保険適用がされません。
薬の値段は病院によって異なりますが、かなり高い金額が請求されるとみて間違いないでしょう。
そしてもう一つが、処方してもらうたびに診察が必要だということです。薬だけ処方してもらうというのは基本的にできないですし、薬局でバルトレックスを購入できるわけではないので、毎回病院に行くという面倒がつきまといます。
これらの問題を解決してくれるのが、個人輸入の代行通販です。お金が不安な方や、病院に行けない方は個人輸入の代行通販を利用しましょう。

個人輸入代行通販とは、海外で市販されているバルトレックスを輸入して購入するという方法です。
個人で利用する場合に限り、海外の市販薬を輸入することは合法で行えます。
個人輸入代行通販では日本では取り扱いのない薬も購入できるので、バルトレックスのジェネリックであるバルシビルを購入することも可能です。
バルシビルはバルトレックスと全く同じ効果が期待できるのにもかかわらず、金額は6~7割程度の負担で済みますので、お金が不安な方には最適な方法です。
さらに、病院に行く必要がないということは診察費もかからないので、通販で薬を購入する方がトータルで大きな節約になるといえるでしょう。